mark 医療法人社団 樹人会 Hojo Hospital
北条病院
交通のご案内   お問い合わせ
当院について:Outline 施設案内:Facilities 診療科目:Contents 入院案内:Enter hospital よくある質問:Q&A 職員募集:Recruit リンク:Link ・
トップページへもどる

施設案内:Facilities bar
サプリメント外来 bar
施設案内へもどる
 

サプリメントイメージ サプリメントを飲まれる方は多いと思いますが、今の日本の現状ではサプリメントの品質も様々で、効果的な摂取になっていない方が多いようです。そこで当院では代替医療の一つとして医師によるサプリメントの外来を開設いたしました。(自由診療、予約制)
特徴
『自分に必要な栄養素をきちんと知ること』
  一般的に、サプリメントを選ぶとき、「自覚症状」や「その時々のブーム」・「他人に薦められたから」、といったあいまいな基準で選択されています。
当院が行うサプリメント外来の特長は、ビタミンやミネラル、たんぱく質などの栄養素の代謝状況を生化学的に反映する血液検査データを基に、医師が解析することにより、栄養素の過不足状況を導き出します。これは、様々な症状や病気は体の分子レベルの異常から起こるという分子整合栄養医学の考えを基にしています。アメリカの化学者ライナス・ポーリング博士の提唱したこの栄養療法は、患者様お一人お一人の状態に最適な栄養素を、サプリメントによって補給することで改善を得るものです。
 
分子整合栄養医学による栄養療法とは?
日常見られる様々な症状はビタミンやミネラルといった微量栄養素の減少や欠乏による栄養バランスの乱れで起こる場合があります。これを整えることにより人間が本来持っている自然治癒力を最大限に発揮でき、その結果として現在の最良の健康状態(オプティマムヘルス)を得ることができます。薬ではない、栄養素の働きを最大限に活用して最良の健康状態を得る。それが当院の行うサプリメント外来です。
対象になる症状
基本的には、どのような症状でも構いませんが、以下を参考までに。
めまい倦怠感うつ病パニック肥満アトピー肌荒れニキビ自律神経失調症更年期障害生理不順不妊統合失調症自閉症多動・・・ダイエットや美容目的にも使用可能ですし、同じライナス・ポーリング博士の提唱された高濃度ビタミンC点滴療法を受けられているがん患者様にもお薦めします。
診察の流れ
電話での予約
来院時にチェックリストの記入(来院時は、6時間以上空腹の状態が望ましい)
必要な血液検査・尿検査を行う
検査データに基づき詳しい栄養状態を解析、栄養レポートを提出(約1週間後)
栄養レポートに基づき最適なサプリメントを提案
3〜6ヶ月後に再検査、効果判定、栄養状態の確認
診察日
お電話にてご確認後、ご予約下さい。
ご希望によりサプリメント相談のみ・栄養解析のみ・ご希望のサプリメント購入のみも受け付けます。

ページトップへ